女生徒

英語を身に付けたいのなら塾に通うのが鉄則

短大を選ぶメリットは

レディ

学費も安く早く社会に

短期大学とは、地域に身近で、短期間で教養教育や専門教育を提供してくれるところ、と説明されている学校です。よく短期大学と比較される大学は、一般教養と専門分野を4年間かけてじっくりと深く学べるという特徴がある反面、学費が高くなる傾向があります。また専門学校においては、実践的で専門的な学習をおよそ2年間で学ぶことができ、学費が安くなる、社会に早く出られる反面、学士が取得できないという特徴があります。短期大学は、大学と専門学校の良いところを兼ね備えているというのがメリットとなります。具体的には、充実した設備があり、理論や研究など、専門的な学習や実習を行いつつ、学士も取得できる、また2年という学習期間になることで、学費も安く済み、社会にも早く出て働くことができます。4年間支払う学費が用意できない、という場合でも、短期大学は専門学校並みの学費で通うことができます。短期大学の中には3年制をとるところもありますが、ほとんどが2年で修了します。大学と比べ実習が多いのも特徴で、忙しいけれども充実した期間になります。短期大学士が得られることで、就職や留学にも有利になったり、取得した単位を活かして大学に編入することも可能です。2年で卒業をして社会に出ることを目指しながらも、編入や留学など、進路変更がしやすいというメリットも持ち合わせています。大学、短期大学、専門学校、どの学校に進学するか迷った場合は、それぞれのメリット、デメリットを比較して、よく検討してみましょう。